カナダの旅 7 ・ レインボーブリッジはパスポートを忘れずに

一度ホテルに戻り万全の寒さ対策しましたあとは、派手派手なクリフトンヒルに行く事に

クリフトンヒルに行く前に、色々なカラーに変化するナイアガラのライトアップを撮影しようと思いました

勘の良い方はお分かりだと思うんですが、一度ホテルに戻った時に置いてきちゃったんですよね・・・

そう、大事な物を・・・


画像


画像


画像



連れは疲れたと言うので、一人で撮影方々ウロウロすることに


ナイアガラの滝のライトアップは、こんな風に色々なカラーに変化します


う~ん、なんとコメントしていいか・・・


あっ、この画像はカナダとアメリカを結ぶ橋「レインボーブリッジ」から撮影しました








画像



え~、この画像で言うと、手前の右の歩道から歩いてアメリカ側へ行く途中に撮影しました


出国は至って簡単で、特別に審査はありません


この簡単さが悲劇の元でした


遊園地の入口のようで、バーを押してはいる自動改札に50セント、25セント硬貨を2枚入れるとバーを押して出国することができるんです


橋の入場料ではなく、カナダ国外へ出国できると言う事なんですよね・・・


説明が書いてある看板を見ていたらとても簡単そうだったので、カナダ$紙幣を両替してササッと入って見る事に!


そう、この時点で出国と言う意識は全くありませんでした(バカでしょ)









画像



ジャ~ン、カナダとアメリカの国境を跨いでの記念撮影です


これはブログネタにちょうど良いと思い、得意になって撮影しました


ちなみに右がカナダ、左がアメリカです!








画像



こちらは左の旗がカナダ、右がアメリカ、真ん中の街灯が国境になります


向こうに見えるのがアメリカのイミグレーションです


どうせだったらアメリカに入国して、パスポートにスタンプを押してもらお~っと


と、ここで


「あっ、ホテルの部屋にパスポート置いてきちゃった!」


アメリカ入国を断念し、帰る事に・・・
   ↑    ↑    ↑    
帰るのではなく、カナダ再入国になる事にまだ気づいていません
 









画像



出る時は動物園の入口みたいだったのに、今度は厳重です(当たり前ですよね)


うっ、なんとイミグレーションが・・・(大バカですよね)


当然パスポートが必要なんですが、ホテルの部屋に置いたまま・・・




焦りました


非常に焦りました


係官からパスポートの提示を求められました


拙い英語で「ありません」


「ホテルの部屋に忘れました」と・・・


「すぐそこのホテルに」と、泊まっているホテルを指さしました


係官は声を荒げ、早口で何かを言っています


「アメリカには入国していません」


「橋の真ん中まで行って国境で撮影してきただけです」
と、拙い英語で一生懸命説明しました


係官は自分が持っている2台のカメラの画像をチェックし、すべてカナダ側の映像しかない事を確認しました


なんだかブツブツ言いながらカメラを返してくれ、「本来パスポートがなければ入国できないんだぞ!」的な事を言いながらも、入国させてくれました 








画像


画像


画像



なんとか無事にホテルに戻る事ができました


ハッ、ハッ、ハッ、皆さんパスポートは忘れずにね!





この記事へのコメント

2014年05月05日 09:10
ナイアガラの滝について、たしか最初に記事で大変な事になったと書いてありましたね。きっとパスポートを忘れたのではないかと思っていました。その通りでしたね。
因みに私は外国で出かけるときに常にパスポート携行しています。
2014年05月05日 13:48
う~ん、さすがに鋭いですね!
自分も普段は必ず携行しているんですが、連れが部屋で待っていると言うので貴重品が入ったミニバッグを置いて行っちゃったんですよね・・・
出国とは全く思えないゲートだったので、軽い気持ちで出ちゃいましたよ
2014年05月05日 16:30
それは焦りますよね。
でも入国させてもらえて良かったです。
そのまま、どこかに連れて行かれたら・・・。
まず、簡単に出国出来てしまうからなんですよね。
2014年05月05日 21:07
非常にあせりました!
そうなんですよ、25セント硬貨2枚入れれば回転式のバーを押して出られるんで、その時は出国したと言う意識は正直ありませんでしたよ(バカですね)
でも入国させてもらえて本当に良かったです!
2014年05月06日 07:18
入国は厳しいけど出国が容易というのが盲点になってしまったのかもしれませんね
しかし街灯が国境というのも面白いですね
そもそも日本人は国境の概念が希薄だと思いますので(わたしだけ?)、入出国というと空港のイメージしかありません
それとこの季節ですと夜はまだ寒いのですね
2014年05月06日 21:26
あ~~ビックリした!!!
帰れて良かったですね、本当に!
島国日本に住んでいる私達にとっては、国境を超えるとは、ピンと来ないことなんですよね。
ドイツーオーストリア間しか、超えたことがありませんが、EU諸国だと、国境なんて無いも同然でした・・・パスポートも要らないし。
だから、EU以外の国は、気を付けた方がいいのですね。

でも、どの写真も綺麗ですね・・・撮ったかいがありましたね。
2014年05月07日 01:33
たいそう焦ったことでしょうね…文章から伝わってきました。
海を渡ること=国境超えと染みついているところが私にはあるもので、私もやってしまいそうな気がしました。。。
ところで、アメリカ入国していないチェック方法が’デジカメ写真’でということにちょっと驚き!その土地および現代ならではの方法ですね。
でも、入国しちゃう前に気づいたのがよかったですね。あ、不幸中の幸いですね。
2014年05月07日 15:23
オォ~~~、何とスリリングな展開!
でも同じ状況だったら、私もやってしまいそうです
動物園のゲートみたいな出国ゲートなんて、罠としか思えません((^_^;)
ヒャ~、途中でパスポート確認してヨカッタですね
2014年05月07日 17:58
パスポートを置いてきたのも忘れていたんですが、橋の入場料ぽかったもんで・・・
だって、25セント硬貨2枚、しかも3本のバーがガチャガチャってまわるゲートですからね・・・
たしかに日本人は国境と言う概念が希薄なんでしょうね
夜はメチャクチャ寒いです
2014年05月07日 18:01
イヤイヤ焦りましたよ
その点ヨーロッパはけっこう楽ですよね!
と言うか、パスポートを携行していない自分がいけないんでしたね・・・
写真お褒めいただきありがとうございます
2014年05月07日 18:04
ハイ、非常に焦りました
この時他に入国する人が全くいなかったので、色々面倒だからデジカメ画像で一応確認して入国させてくれたんではないでしょうか?
それと、恐らく同じような日本人観光客が時々いるのではないでしょうか?
だからきっと「また日本人かっ」って呆れた事でしょうね・・・
2014年05月07日 18:07
イヤイヤ本当に焦りましたよ
また間抜けな日本人かってきっと思われたでしょうね(笑)
なんせ25セント硬貨2枚で、しかも動物園のバーを押し開くゲートですからね・・・
2014年05月09日 07:50
衝撃的ですねー
ヨーロッパはパスポートコントロールないですもんね。
私も安全のためにホテルに置く派なので注意しないと!!
2014年05月09日 21:29
ヨーロッパはシェンゲン条約でほとんどフリーパスですからね!
パスポートは通常はキチンと携帯しているのですが、留守番が居るのでついつい安心して置いて行ってしまいました

この記事へのトラックバック