カナダの旅 23 ・ コロンビア大氷原

スノーコーチと呼ばれる氷上車に乗って、北半球で2番目に大きなコロンビア大氷原へ向かいます{%ドライブうれしい(ブンブン)hdeco%}

2番目と言うとなんだか大した事ないように感じますが、1番大きな北極圏の次に大きいと言う事になります


画像


画像



下の方からスノーコーチに乗って、上の方の氷原へ向かいます


正確にはコロンビア大氷原の中のと言うか、押し出されてきた先っちょ部分にあたるアサバスカ氷原になります


コロンビア大氷原は、北極圏に次いで大きな氷原です

総面積は325k㎡で東京都の約半分の面積で、過去4回の氷河期を経て形成されたそうです

最大時は氷河の先端が、なんとカルガリーにまで達していたそうです

最近は温暖化の影響で解ける速度が速まり、解けた水は太平洋、大西洋、北極海へと流れ込んでいます

氷の厚さは、一番厚いところで350mもあるそうです・・・



バンフの街からでも約200kmあるのに、当時は相当凄い氷原だったんでしょうね


氷の中には1万年以上前の空気も閉じ込められているなんて、良く分からないけど凄そうです


その1万年以上前からある氷の上に立てるなんて、なんだか不思議です









画像


画像



カナダ国旗のペイントではなく、バンクーバーオリンピック仕様のスノーコーチに乗ってゆっくり氷原へ向かいます








画像


画像



エルクだったかな


途中こんな動物もいました









画像



コロンビア大氷原の先端部分、アサバスカ氷原に到着です







画像



この山ですが、実は山ではありません


氷河が削って山っぽくなったのと思いきや、なんと氷河が運んできた土砂石塊で、モレーンと言うのだそうです









画像



ちょっと引いた画像です


左が氷河が運んだモレーンで、上のやや弧を描いているのは氷河(コロンビア大氷原)です


古代の地球と言うか、古代の氷河期はこんな感じだったようです

数世紀におよぶ長い年月で形成されるのですが、降り積もった雪が30cmを超えると下の雪が圧雪されます

更に雪が降り積もると谷間からあふれ出し、氷河となって流れ出る仕組みだそうです

氷河の氷1cmができるのには、12cmの積雪が必要だと言われています

夏の融解期と冬の積雪による回復を繰り返しているのですが、温暖化の影響で毎年15mほど氷河は後退しているそうです



十数年前まではアイスフィールド・センター付近まで氷河があったそうですが、最近は氷河の後退は著しいようです


現在はこのように氷原上の観光ができますが、いずれはなんらかの規制、あるいは観光禁止にして氷河を保護しなければいけない時期が来ると言われています・・・









画像


画像



スノーコーチのドライバーです


とても陽気で、観光客を楽しませてくれます








画像



風が無いと穏やかなんですが、少し風が吹くと-15℃ぐらい、冬の地蔵山(蔵王)山頂と同じぐらいの体感温度になり、顔が痛いです


夏でも寒さ対策は必要ですが、日差し対策もとても大事です!


自分は汚らしく真っ黒に焼け出社時ずいぶん焼けていると言われて困りましたよ


何しろここで一気に顔が焼けるので、特に女性は日焼け対策をバッチリする事をお奨めします










画像


画像


画像


画像



表面の氷が解ける夏だともっと氷河っぽくなり、溶け出した水が小川のように流れる光景も見えるそうです


夏の時期はクレパスもたくさん出現するので注意が必要ですが、いわゆる氷河観光らしくなるのでベストシーズンに来る方がより楽しめるかもしれませんね・・・










画像



カナダ国旗にペイントされたスノーコーチです


どうせだったら、このカラーリングのスノーコーチに乗りたかったです・・・


シーズンの初めと終わりは降雪などの影響で、たびたび観光ができない場合があるそうです


今回もそんな心配がありましたが、天候にも恵まれて無事氷河の上に立つ事ができました


恐らく見ている方は凄いんだか凄くないんだか分からないと思いますが古代氷河期の雰囲気を1万年以上前の空気と共に体感でき、なかなか貴重な経験ができました

この記事へのコメント

2014年05月21日 07:54
コロンビア大氷原、強烈な印象でした。
こういう場所へのツアーがあるんですね。
スノーコーチって氷上車だけあって、戦車(見たことないけど)みたいに厳ついですね~
日本では決して経験できない大自然、素晴らしいです。
2014年05月21日 20:33
1万年以上前って、凄いですね!!
それに、北極圏の次って言うのも、凄いです!!
本当に貴重な体験をされたのですね。
スノーコーチって、カッコいいですね、乗ってみたいです♪
しかし、大自然のスケールが、日本と雲泥の差ですね。
2014年05月22日 08:24
レイク・ルイーズに並ぶ人気の観光スポットのようです!
ですが、降雪の為途中の峠が通行止になる事も多く、せっかく来たのに見る事ができない場合も非常に多いそうです
2014年05月22日 08:29
そうですね、東京都の約半分の大きさの氷原だそうですからね!
一番大きかった頃は、バンフの先のカルガリーにまで達していたと言うから、概算ですが300km先ぐらいまで氷河だったようですね

6輪駆動のスノーコーチでゆっくり上って行くんですが、なかなか楽しいですよ~
乗り物好きのらもさんにお奨めです
2014年05月25日 00:21
本当に雄大な景色だし、1万年以上前からある氷原なんてロマンがありますね。
スノーコーチって、初めて知りました。
こんな車に乗って移動するというのも、とても記念になりそうです♪
2014年05月25日 09:21
まさに雄大って感じですね。
行ってみたいです。
2014年05月26日 07:50
今の時期だとスキー場のゲレンデに立っているような感じになっちゃうんですが、夏だと溶け出した水がチョロチョロ流れていたり、クレパスなんかも出現してもっと氷河っぽいようです!
風が吹くと極寒ですが、日差しも強烈でもろに顔が焼けてしまいました(笑)
2014年05月26日 07:53
なかなか良い感じでしょ?
古代の氷河の上に立っていると思うと、なんだか不思議な感じでしたよ!
まわりの景色も雄大で、来て本当に良かったと感じました
2014年05月26日 12:50
旅行って概念を超えた場所ですね
同じ地球上とは言え、なんか想像のつかない異次元の世界のような気がします
自分がこんなとこ訪れるなんて想像もつきません

テレビで広大な砂漠を見ると、地球が侵食されているような気分に襲われますが、ここはその正反対ですね
2014年05月26日 21:13
こちらも是非とも訪れたい場所だったので、来る事ができて本当に良かったと思っています!
こんな場所に来ると、究極の大自然と言える南極にも行ってみたくなります
昔は探検隊のみが許された地ですが、金額は高いですがツアーでも行かれる時代ですからね!
いつかは行ってみたいです
それとびーぽんさんがご指摘の砂漠、広大な砂漠も行ってみたいですね
太古からの地球の営みが垣間見れると言うか、いつかは砂漠も見たいです・・・
そんな風に思うから、旅行って止められません!
2014年06月05日 23:24
スノーコーチや大氷原、とても懐かしいです。
改めてゆけむりさんの写真を見ながら、自分も実際に此処に立って迫力に圧倒されたことを思い出しました。
そうそう、スノーコーチのドライバーさんって本当に気さくで、写真撮ろうよって言ってくれたり、サービス精神が旺盛でした
2014年06月06日 08:49
ここも自分の足でいつかは立ちたいと思っていたので、嬉しいですよね~
しかし外国の方は本当にサービス精神旺盛ですよね~
女性陣だけではなく、メタボの自分との撮影も気さくに応じてくれましたからね

この記事へのトラックバック