カナダの旅 2 ・ エアカナダの機内食 (成田~トロント間)

毎度毎度同じ事を言いますが、空の旅のお楽しみは機内食です

旅慣れた方は機内食なんてまずいと言われるかもしれませんが、自分はこのシチュエーションがたまらなく好きなんです

上品で綺麗なCAさんに食事をサーブされ、「お飲み物は如何ですか?」なんて聞かれちゃうとついつい「白ワインを」なって言っちゃったりしてね~

機内食を食べながら白ワインなんぞを飲み、これから行く国に思いを馳せる

まさに至福の時
ですね


画像



とりあえずモルソン・カナディアンを飲みながらビーフをチョイス


このビールはクセもなく若干薄い気がしますが、非常に飲みやすくノドが乾いた時にはピッタリの美味しいビールです


機内食はチキンとビーフから選べます


メニューが無いのでそれぞれの内容は分からないのですが、野生の勘でビーフをチョイス!


内容はビーフのトマトソース掛け、茹でたジャガイモ、インゲン、カリフラワーっぽいの


豆がいっぱい入っているサラダ、パン、そしてピンク色したムース&スポンジのデザートです・・・


けして不味いと言う事ではないんですが、若干期待外れと言った感じです









画像



続いて白ワインを!


スパークリングワインが飲みたかったんですが、残念ながらありませんでした


機体中央よりやや後ろでしたが、飲み物のサーブは非常に遅いです


これはCAの数が根本的に少ないからだと思います


ビールは冷えているし機内食もちゃんと温まっていますが、お世辞にも種類・味ともに充実しているとは言えません









画像



機内の照明は時間ごとに変化するタイプですが、機材はけして新しくはなく、映画などのエンターテイメントも充実しているとは言えません


日本語の映画、あるいは日本語の字幕の映画もある事はあるらしいのですが、自分は見つける事ができませんでした


なので、行も帰りも映画は全く見ませんでした
よ・・・


まぁ、今回はわりと寝ていたからってのもその一つなんですけどね








画像



健やかに眠っているとバタバタと機内が騒がしいです


目を覚ますと、なんとカップラーメン&サンドイッチの軽食が出てきました


ちなみに最初の機内食から4時間後です


参考までに最初のドリンクサービスが18:52(日本時間)、機内食が19:56、そしてカップラーメンが24:10に出てきました









画像



唐揚げ定食&機内食が効いていて、あまりお腹は空いていませんでしたがブログネタの為に!


スープをかなり吸っちゃっているカップヌードルでしたが、コンソメスープっぽいテイストで美味しかったです


ついつい完食 (笑)!


サンドイッチのパンはパサパサで、これは流石に遠慮しましたよ・・・









画像


画像


画像



ギャレーには果物の詰め合わせ、ドリンク、そしてカップラーメンや売れ残ったようなサンドイッチが・・・


一見ご自由に的に置いてはありますが、CA達が集まって個人的に持ち寄った何かを食べていたり、かなりガヤガヤおしゃべりをしているのでウロチョロしずらい雰囲気です


参考までに帰りの機内では、ここはクルー専用だから出て行けと言われましたけどね・・・









画像


画像


画像



カルガリー上空を過ぎた頃、日本時間にして5:09に朝食的な機内食が出ました


オムレツ、ハッシュドポテト、ブロッコリーと果肉タップリのトマトソース、そしてパンとフルーツです


トマトソースとフルーツは美味しかったなぁ~(笑)









画像



日本時間5:46、現地時間16:46にトロント・ピアソン国際空港に約1時間早く到着しました


エアカナダの率直な感想ですが、思っていたイメージとはだいぶ違っていました


機内食の回数は多いけれど、質とその時の量はイマイチ


中間でのアイスやチョコのサービスはありませんでしたし、先に書いた通りメニューもありません


もちろんアメニティーも全くありませんし、パーソナルモニターはあるもののエンターテイメントはイマイチです


CAコールをしても、なかなか来ません


お休みタイムにもかかわらず、後方にCAが集まってけっこう大きな声でおしゃべりしています


これは日系の航空会社では考えられない事ですよね


しいて挙げればシートピッチが若干広く感じ、エコノミーでもまぁまぁ快適です


あっ、機内は物凄く寒いので、真冬のスタイルがお奨めです・・・









なんだかんだ言いつつも、やはりカナダ旅行の際はフラッグシップであるエアカナダが便利だと思います


バンクバーやトロント、そしてカルガリーに直行便が飛んでいます


やはり時間短縮と言う点で直行便は非常に貴重です
からね・・・

この記事へのコメント

2014年05月02日 23:27
航空機会社によって結構違うものなのですね
確かに以前に拝見した機内食でずいぶん美味しそうなものもありましたから、今回は見劣りするかもしれませんね
カナダだと12時間とか掛かるのですね、自分もスイスやシカゴまで行った昔のことを思い出しました
そういやアメリカのカップヌードルを食べたのは30年近く前ですがコンソメみたいな味でした、今もそうなんでしょうかね?
2014年05月03日 00:57
そうなんです、自分はてっきり凄く良い航空会社だと思っていたので、そのギャップが激しく感じてしまいました・・・

ハイ、カップラーメンはコンソメスープのようでしたよ~
なるほどびーぽんさんはスイスやシカゴも行かれているんですね!
アメリカは行った事が無いので、いつかは行きたいです・・・
2014年05月07日 14:54
私もエアカナダはサービスが充実してるものと、勝手にイメージしてました。考えてみれば何の根拠も無かったですが…((^_^;)
でも、ワインが瓶で頂けることはいいですよね。コップに注がれるだけよりもリッチな気分になれますよね。

ヨーロッパ方面の旅行の時に、機内でカップヌードルを食べたことが有ります!多分、安全に配慮してのことだと思うけど、お湯が熱湯じゃなかったので麺がなかなか戻らなくて、ボソボソした状態で仕方なく食べた記憶があります
2014年05月07日 16:56
やっぱり勝手に良い航空会社と勘違いしましたか?
そうですよね、エアカナダって響きからしてナイスなエアーと勝手に思っちゃいますよね・・・
荷物の扱いの酷さはけっこう有名なようですね
初めて機内でカップ麺を食べましたが、熱々じゃないけどぬるくもなかったでが、麺が思いっきりスープを吸っちゃていましたけどね(笑)
ワインは小瓶で貰えるのは嬉しいですが、いまだに飲まずに持って行く日本人がいるのが残念ですよ・・・
2014年05月08日 08:01
私もエアカナダ利用したようでした!?
データを見返したところ、ウェットティッシュや箸袋にエアカナダのマーク。
良いのか悪いのか機内での記憶が曖昧…(笑)
瓶サービスのワインは確かにありましたが、カップラーメンのサービスはなかったです。
カップラーメン、お湯が入って登場しちゃうんですね!
2014年05月08日 11:41
>いまだに飲まずに持って行く日本人がいるのが残念ですよ・・・

えぇぇ!そんな人いるんですか
情けない…。
2014年05月09日 21:19
エアカナダはイメージとはちょっと違っていませんでしたか?
機内食の内容、量、CAの対応など、やや微妙でした・・・
カップ麺は、すでにお湯が入った状態なので、麺がかなりスープを吸っちゃています
2014年05月09日 21:23
それが居るんですよ
我らの旅行社のライバル、関西発のた○ものがたりの一行と一緒でしたが、夫婦でそれぞれ赤白の小瓶を注文し、ササッと小瓶をしまった後は別のCAにビールとオレンジジュースを注文していました
コーヒーサービスの時もワインを注文していましたが、それは飲んだかは不明です・・・

注意して見ていると、けっこういますよ

この記事へのトラックバック