ちょっと早めの夏休み 18 ・ オショロコマの塩焼き

金精峠から金精トンネルを抜けると群馬県に突入です


国道120号、別名日本ロマンチック街道と言われています


標高が高いので窓を開け、サンルーフも全開で走ると実に爽快です


本当は全開だと寒すぎました・・・


沼田ICに行くまでに色々と見どころがあります!


菅沼、丸沼、日光白根山(ロープウェイ)、もろこし街道、東洋のナイアガラ吹き割れの滝などなど


温泉では白根温泉、片品温泉、老神温泉などなど


スキー場で言うと、川場、武尊、尾瀬戸倉、尾瀬岩倉、玉原などがわりと近くに点在しています!


夏は玉原がラベンダーパークや尾瀬岩倉がゆり園などになり、まぁまぁ綺麗でしたよ!





画像





金精トンネルを抜けてすぐに民芸調の食事&お土産処の「山小や」があります


こちらでは囲炉裏で焼いたオショロコマの塩焼き岩魚の塩焼き、すいとん、山菜おこわ、あるいは各種そばなどなどが美味しいんです!


GWの開通直後ですと、まわりが雪の壁みたいになっている個所もあり、なかなかお奨めですよ








画像





こちらは主にお土産を扱っている棟で、群馬県側になりますが日光のお土産も売っているので便利ですよ~






画像





外のテラス席もあり、なかなか爽快です






画像



画像





オショロコマの塩焼きです


サケ科に属し、カラフトイワナとも呼ばれているそうです


いつもは舞茸入り山菜おこわとすいとんも食べるんですが、朝ご飯を食べて間もない為断念・・・


山小や(やまこや)お奨めですよ~


http://r.tabelog.com/gunma/A1003/A100302/10001754/




菅沼のすぐ下に丸沼があります


こちらの湖畔でも岩魚などの塩焼き定食などが食事処があり、静かな湖畔の森の中でのんびりできますよ


久しぶりに、ブログネタ的にも寄りたかったんですが、さすがに食べられる余裕もなく断念しました・・・



菅沼、丸沼と過ぎると片品村に突入します


ここでは道すがら焼きとうもろこしを売るお店が多く、通称とうもろこし街道と呼ばれています








画像





ここでいつも焼きとうもろこしを食べ、新鮮な野菜を買い、手作り梅干しなんかを買ってくるのが楽しみなんです


しかし、何と言う事か営業しているお店がほとんどありません


たまに無人販売で取れたて大根3本100円などの看板は出ているものの、とうもろこしを焼いているお店はありません


何と言う事でしょう、久しぶりにとうもろこしの時期に来たと言うのに・・・


近くにいた方に聞くと、あまり観光客が来ないためお店が激減したそうです


平日は特に暇なようで、営業するお店はほとんどないようです


週末は焼きとうもろこしを売るお店が何軒かはあるそうですが、10軒あるかないかで数はかなり少ないとの事です








画像




だいぶ下山したところに尾瀬市場なる、採れたての野菜を売るお店がありました






画像



画像




かすかに硫黄の匂いがする足湯がありました


こちらでは十割そばが食べられる食事処も併設されていましたが、この後予定しているお店があるので後ろ髪をひかれつつ、こちらを後にするのでした・・・




【お奨め度★★★★☆】

この記事へのコメント

2011年07月19日 19:31
オショロコマの塩焼き!
初めて聞くお魚ですね!
塩焼きに日本酒!
最高~!
十割そばに日本酒!
最高~!
この街道には近寄れません(笑)
2011年07月19日 20:31
オショロコマって北海道に生息する幻の魚じゃなかったかな。
群馬県で食べられるなんて初めて聞きました
このあたりで養殖しているのでしょうか?
2011年07月19日 20:41
オショロコマの塩焼き、関西人にとっては未知なる魚ですねぇ。いかにも北海道でしか見かけないようなイメージですが、鉄仮面さんと同様、おどろきのポーズです。 ここはムリをしてでも岩魚の塩焼きとの味比べをリポートしてほしかったなぁ(外野は勝手なものです。ハイ)
2011年07月19日 21:11
神奈川こうG-さん、発日本では北海道のみに生息する魚のようですが、ここのは養殖のようです!
十割そばも食べたかったんですが、さすがに食べられませんでした・・・
2011年07月19日 21:15
鉄仮面さん、きつぽんさん、日本では北海道のみに生息しているよですが、ここのは養殖のようです!
ここよりも下にある白根魚苑と言う養殖場&釣り堀???を兼ねた食事ができる所で養殖しているようですね・・・
絶滅危惧種ではないようですが、いずれなるのかな?
詳しい事はこちらで
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%AD%E3%82%B3%E3%83%9E

岩魚との違いですか?
すいません、そこまで気がまわらなかったです
2011年07月21日 23:34
オショロコマ、初めて知りました。
岩魚の一種なんですね。
岩魚は美味しいですよねーー。
骨酒とか

トウモロコシ街道って、
札幌大通り公園の夏みたいですね。
トウモロコシ大好きなので、
もぎたて、焼きたて、茹でたていただきたいです!
2011年07月23日 14:56
nobujiさん、数年前に行った時は多くのお店で焼きもろこしを売っていたんですが、震災の影響で観光客が来ないために営業している店が無く、楽しみにしていたのに非常に残念でした・・・

囲炉裏で焼くとやっぱり美味しいですよね~
炭のパワーは凄いですよね!
2011年08月03日 01:17
とうもろこしが無いとうもろこし街道なんて、ちょっとさみしいですね。
さらに、看板の横の日本ロマンチック街道も、寂しそうです。
もっと流行って、復活してほしいですよね。
2011年08月03日 14:40
凡蔵さん、七輪で焼いたとうもろこしは、醤油の焦げた香ばしい匂いがたまらないんですよね~
いつもは生のとうもろこしや手作り梅干しを買ってくるんですが、今回は何も収穫が無く非常に残念でしたよ・・・
ロマンチック街道は、認知度がかなり低く完全に名前負けしている気もします
ひろちゃん
2011年10月30日 14:22
更に記事を遡らさせて頂いております。笑

今度は「オショロコマ」に反応しちゃいました。このキレイな銀鱗に群馬で巡りあう事が出来るとはビックリしました。この魚は私が渓流釣りを止めるきっかけになった魚でした。

若い頃?北海道知床の付け根の「羅臼」で定宿にしていた民宿があって、暇つぶしに裏を流れている小さな川を遡上して釣り糸を垂れるのが定番でした。適当な仕掛けに川底の石を引っ繰り返して川虫を付けるだけで簡単に「オショロコマ」が釣れて、民宿のお母さんに焼いて貰い泊まり合わせたお客さん全てに行き渡りました。(1~2時間で20尾ほどの釣果)

そんなある年の厳冬期に訪れた時、こんな厳しい自然環境で小さな魚が命を脈々と繋いでいるんだ感じて、元々釣り全般は食べる分しかしない身上でしたが、生息域の限られている渓流のような場所の釣りに疑問を感じ竿を置いた次第です。

群馬のこの方面に行く機会があったら是非とも立ち寄って久し振りに味わいたいです。

そう言えば山奥で変わった魚と言えば以前ブログ記事にした事がありますが、秩父で「鰉魚丼」と言う秩父産チョウザメのドンブリを食べた事があります。勿論、北海道なんかの鮭とイクラの「親子丼」みたいにチョウザメとキャビアの「親子丼」です。この時は山梨県側で「馬刺丼」を食べて雁坂トンネルを越えて「鰉魚丼」っていう自己満足企画でした。笑
2011年10月30日 15:31
ひろちゃんさん、羅臼ですか?
羅臼のまるみ食堂で、美味しい北海道の味がたくさん並んだ定食を食べた事を思い出しました!
厳冬の川でたくましく生息している姿を見て竿を置いたとの事、なんて心優しいのでしょう!
自分は海釣りでしたが、釣った魚は残さず食べる主義です!

オショロコマは養殖なのですが、群馬の沼田から日光へ抜けるもろこし街道の途中にあります!
素晴らしいドライブルートで大のお気に入りです!
金精峠を越え、中禅寺湖手前の湯の湖の立ち寄り温泉(白濁湯)も良いですよ~
チャンスがあったら是非!

この記事へのトラックバック

  • 秋の小旅行 7 ・ とうもろこし街道の焼きもろこし

    Excerpt: 日光から群馬県沼田に抜ける国道120号は、日本ロマンティック街道と呼ばれています(ドイツ好きの人に聞かれたら笑われそうですね)<img class="emoji" src="https://blog.seesaa.jp/images_w/emoji/hdeco/hdeco124.gif" /> Weblog: 湯煙おやじの旅日記 racked: 2016-09-08 11:53